新市民農園方式『宿・借(やどかり)農園』のご案内
◇ 日本初・お宿と農園がセット ◇
リゾート感覚で本格的に野菜栽培
 プチ農業をしたいあなたへ
  『宿・借借(やどかり)農園』葛原(とづらはら)農園ご案内
  農園ご利用にあたって 
           (年間収穫物・区画配置図・ご利用にあたってのご注意)
 神奈川県 相模原市藤野町


 
   開設の歩み−1
   開設の歩み−2   
   開設の歩み−3
   開設の歩み−4
   開設の歩み−5
 ボランティア学生 野菜栽培奮闘記
第1回 0928
第2回 1017
第3回 1108
 「宿・借農園」奮闘記  じゃがいもの植え付け
  ■ 学生の野菜栽培奮闘記
   ◎ 藤野町で野菜栽培に挑戦
 ◎ 感動! 芽が出ました
 ◎ 今日は雨で焼きそばパーティー
 ◎ ゴーヤのカーテン・屋根 炎天下の秋野菜植え
野菜が芽生えた農園
『宿・借(やどかり)農園』はこんな、あなたのための市民農園です

 ベランダ菜園・家庭菜園では物足りない・・・。”    

   相模湖を見下ろす、自然に囲まれた山間地の雄大な農園で

 
安心・安全で新鮮な食材にこだわりたい・・・。”     

   ご自分で栽培されれば納得です


 手近なリゾート地で宿泊してゆったりとしたい・・・。”
  
   旅館に滞在しながら、のんびりと農園にお出かけ

 
農山村の人たちとのふれあいをしたい・・・。”      

   純朴な農業のプロが、親切、丁寧に指導


『宿・借(やどかり)農園』モデルプラン
   
モデルプラン料金 概要
 ■ モデルプラン料金に含まれるもの
 1.農園入園関連料金
   ◎ 1年間農園1区画約80u 使用料
    ◎ 種苗(指定範囲)・肥料
    ◎ 農機具使用料
    ◎ 農業指導料 
 2.特典
    @ 温泉施設 入浴券20枚
    A ほたる保存会会員登録
    B 町年間行事無料参加
    C 特産ゆずの苗木
       椎茸原木         各1本プレゼント
 3.指定旅館限定 平日特別ご宿泊料金

     参考:@8,000円×  人泊分
 
  尚、ご宿泊予約はその都度、ご利用月日で下記料金にて
 承ります。

指定旅館限定特別ご宿泊料金:お1人様1泊2食(税込)

 平 日 @8,000円  休前日 @10,000円

 設 定 3/20・21、5/1-4、7/17・18、8/8-16、9/18・19
   除外日  10/9・10、12/29-1/3、1/8・9、2/11・12

『宿・借(やどかり)農園』誕生の背景と経緯


 自然にふれ、癒しと食の安全を求める都市住民と遊休農地の拡大
 と後継者不足に悩み、新たな農業を模索する農村住民とが交流を
 図れる市民農園開設への期待は全国的に大きく広がりをみせてい
 ます。

 その流れに呼応して、市民農園利用に関する法令の改正により市
 民農園の開設が促進され、全国で3
,273ヶ所(農水省ホームペ
 ージより平成19年度末)と年々増え続け、東京・大阪・名古屋
 を中心とした農園ではキャンセル待ちの状態となっています。

 市民農園の中に、本格的な農作業をしようとする人たち向けに、
 農園区画内に宿泊できるコテージ(キッチン・トイレ・風呂付)
 が付いている農園「クラインガルテン(ドイツ語:小庭園)」が
 全国に65ヶ所あり、こちらも一部を除いてキャンセル待ちの状
 態です。

 クラインガルテン(1施設約20区画〜30区画)を造成するに
 は農園の整備とコテージ建設には数億の投資が必要となり、それ
 に連動して、利用料金は年間1区画20万円から60万円位(一
 部では光熱費など別料金)となっております。

  また、クライガルテンは農園区画内にコテージが建てられてい
 る便利さはありますが、そこに宿泊するにはそれなりの寝具家具、
 食器類等々の生活備品を用意する必要があり、更にやっかいなこ
 とに、食事は自炊をしなければなりません


 新市民農園方式『宿・借(やどかり)農園』と
                     クライガルテンとの比較

 『リゾート地でのくつろぎとプチ農業を満喫』

 ◎ 現在の遊休農地を活用するため、農園造成費用、設備投資が
   ほとんど掛かりません。

 ◎ 農園に隣接していませんが、リゾートへの旅気分で1泊2食
   付の旅館にご宿泊。朝晩の食事のご心配が無くなると共に、
   コテージでの生活備品を用意することや維持管理等のわずら
   わしさは一切ありません。

 ◎ 温浴施設「藤野やまなみ温泉」の入浴券付きです。

 『宿・借(やどかり)農園』入園確認書

1.オーナーは農園での種まきから収穫までの栽培に関する一連の
   作業をご自身で実施していただくことを原則とします。

2.農園で栽培できるのは「野菜」「芋類」「草花」など指定作物
  に限ります。

3.除草は隣接農園の栽培に影響をおよぼしますので、必要に応じ
  て速やかに実施してく
ださい。
   管理者が隣接農園に影響がおよぶと判断した場合、管理者が
  指定する代行者
に、除草を依頼し、1回に付き3,000円の代
  金を申し受けます。

  年度始めに、除草券(1枚3,000円)を10枚購入し、管理
  者に預けていだき、年
度末に、入園者が除草を実施された回数
  により、精算させていただきます。

4.管理者の栽培指導日は年間予定表に従い実施いたします。
  予定指導日以外の来園はご
自由ですが、事前に管理者にご連絡
  ください。

  ※ 指導予定日でも、雨天時の農園作業は病虫害発生の可能性
    が高くなりますので中止とさせていただきます。

 5.農園内に、施設または工作物などを設置する事はできません。

6.農園は他の利用者のご迷惑にならないよう適正管理、適性利用を
  してください。

7.低農薬栽培、有機栽培を心がけてください。
  農薬散布の場合事前に管理者へご相談ください。

8.農園での病虫害発生の場合、管理者より連絡しますので、隣接農
  園に広がらないよう速やかに防除してください。被害拡大の恐れ
  が見込まれる場合管理者の判断で対応します。

.貸し出し農具は譲り合ってご利用ください。返却の際は所定の場
  所へお戻しください。

10.入園者としての利用期間は1年間です。但し、ご契約期間の更新
  は承ります。

11.入園契約者は、農園利用に伴う地上権、耕作権その他一切の権利
  は有しません。

12.天災、病虫害、獣害、盗難、その他、被害が発生した場合の補償
  はいたしかねます。

13.その他運用上の疑義が発生した場合、管理者と入園者相互の誠意
  をもっての話し合いで解決にあたることとします。

お問合せ
お申し込み
 LSプランニング 
 電話:047−330−4421 FAX:047−344−1993
 E-mail: ls-plan@lapis.plala.or.jp